FC2ブログ

チョウを探しに出かけました!

チョウ01
当日は開始直前まで強い雨が降っていましたが、
幸いにも絶妙のタイミングで雨があがってくれました。
チョウについて教えてくれるのは、
鹿児島昆虫同好会会員でもある蒲生中学校の中峯芳郎先生です。 チョウ05
場所はいつも植物調査をしている棚田周辺。
Kさん宅の愛犬ノラも一緒です!
チョウ02
早速登場した2匹のチョウを撮影しましたが、これでは種類がわかりませんね、、
飛んでいるチョウを撮影するのはムズカシイ!
先生によるとこちらはナガサキアゲハのオスとメスだそうです。
ヒメジャノメ
ようやく止まっているチョウの撮影に成功。
こちらはヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
よくみると波模様があります。
チョウ08
わからないチョウは中峯先生に聞いてみよう!
捕虫網の使い方がどんどん上手になる子どもたち。
今度は何をつかまえたのかな?
チョウ03
棚田に目をやると、ガーガーとにぎやかな合鴨たち。
ずいぶん大きくなりました!
チョウ07
迷った時は図鑑も活用。
先生が手にしているのはこちら

増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方
(2009/07/31)
福田 晴夫、山下 秋厚 他

商品詳細を見る

掲載種の数が多いことと、なにより写真がキレイで見分けるポイントが示してあるので、
チョウだけでなく昆虫の種類を調べるにはとてもよい図鑑。
昆虫に興味のある方にはオススメです!
クロコノマチョウ
クロコノマチョウ
日のあたらない目立たない場所にいることが多いチョウですが、
探してみると結構目についたチョウでした。
ゴイシシジミ
ゴイシシジミ
多くのチョウの幼虫が植物をエサにするのに対して、
このゴイシシジミの幼虫はススキにつくアブラムシをエサにする珍しいチョウ。
数も多くないとのことで、喜んでいたら、
ゴイシシジミの幼虫
その近くでなんと幼虫も発見!
ススキの下の方の白い小さな丸い物体がゴイシシジミの幼虫のエサとなるアブラムシで
その少し上の方にいる大きな塊がゴイシシジミの幼虫です。
アブラムシと幼虫は色も質感もそっくり。白くてふわふわです。
チョウ13
先生の帽子の上にチョウがとまりました!
名前に「薩摩」を冠したサツマシジミです。
ヤマトシジミ
ヤマトシジミ
食草(幼虫のエサとなる植物)がカタバミなので、
観察頻度が高いチョウです。


この日観察できたチョウは全部で22種類

セセリチョウ科
イチモンジセセリ  ヒメキマダラセセリ

アゲハチョウ科
アオスジアゲハ  ナガサキアゲハ  モンキアゲハ  カラスアゲハ

シロチョウ科
モンシロチョウ  ツマグロキチョウ  キタキチョウ  

シジミチョウ科
ルリシジミ  サツマシジミ  ヤマトシジミ  ベニシジミ  ゴイシシジミ

マダラチョウ科
アサギマダラ

タテハチョウ科
ツマグロヒョウモン  イチモンジチョウ  イシガケチョウ アカタテハ

ジャノメチョウ科
ヒメウラナミジャノメ  ヒメジャノメ  クロコノマチョウ


--------------

上手く写真に収まった種類は半分にも満たなかったのですが

チョウ15
みなさんもチョウの撮影に成功したら、

↓こちらを参考に写真を送ってみましょう!

自然しらべ2011 「チョウの分布 今・昔」

期間は9月30日まで。お早めにどうぞ!



(もぐら)
スポンサーサイト



草花調査201108・イヌビワの味とカエル畑

urushi110801.jpg
参加者は8名、初参加のNちゃんをのぞいてほぼレギュラーメンバーです。
青い空と白い雲、じりじりと暑い夏らしい日でした。

urushi110801_01.jpg
ヘクソカズラ
名前で想像する通り、少しニオイのする植物ですが、そこまで酷くはないんですよ。
果実はリースを作るときなどに重宝されますし、花もカワイイですよね。
なかなかおしゃれなこの花、顔にくっつけて遊ぶのだそうです。
それを聞いて、私も子供の頃にバラの棘を顔にくっつけて遊んでいたことを思い出しました。

urushi110805.jpg
イヌビワ
イヌビワの実がたくさんなっていました。
「ビワ」と名前がついていますが、イチジクの仲間です。
熟した実はそのまま食べられるし、ジャムにもできるという話から

urushi110803.jpg
とりあえずみんなで試食します!

urushi110802.jpg
こちらはまだ熟していない青い実。

urushi110804.jpg
このくらい黒っぽくなった実が食べごろのようです。
味見をした人の感想は「味がない」でした(笑)

urushi110801_02.jpg
ヌマガエル
雑草がはえないように耕された休耕田を歩いた時に、
足元でコオロギと一緒にたくさんのカエルがぴょんぴょんと跳ねていました。
まさにカエル畑状態!
このヌマガエルにとても良く似ているツチガエルというカエルがいるのですが、
ひっくり返しておなかの色をみるとすぐ見分けることができるそうです。

urushi110802_01.jpg
この真っ白いおなかがヌマガエルの特徴で、
ツチガエルのおなかには褐色の模様があるそうです。

urushi110803_01.jpg
休耕田にできたささやかな水たまりにはカエル畑の種がまかれていました、、
ヌマガエルの卵でしょうか。ずいぶん小さな卵です。

urushi110806_01.jpg
コモチシダ
葉の表面にちいさな葉がたくさんついています。
なるほど、それでコモチシダというんですね。
でもこの「子供」がなくなったら、他のシダと区別できなくなりそう、、

urushi110806.jpg
暑い日でしたが、木陰にはいると気温が下がって過ごしやすくなるので
気持ちよく調査できましたよ。


_ _ _


さて次回の草花調査は

9月18日(日) 9:00 に うるし里の朝市前に集合です。
来月は少しは涼しくなっているといいですね。
秋の花もそろそろ咲き始めてるかもしれません。どうぞお楽しみに!

(もぐら)    

チョウを探しに出かけませんか

ちょうちょ
漆の里山にはどんなチョウが飛んでるの?
いつも見るあのチョウの名前は?
蝶々って夜はどこにいるの?
夏休みの自由研究がまだ済んでないちびっ子も、チョウの名前を覚えて孫に自慢したいおじいちゃん、おばあちゃんもお揃いでお越しください。

■日時  8月20日(土)  あさ9時  漆小学校うら うるし商店前に集合
■準備するもの カメラやカメラ付携帯、筆記用具、水筒など。
※日本自然保護協会の呼びかけで全国で行われる調査の一環として行われます。当日は調査マニュアルを準備します。
今日の日付入りカレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

sakunin

Author:sakunin
里ミュゼのミュゼはミュージアムの仏語。季節の移ろいの中で様々な表情を、鮮やかに見せてくれるこの「博物館」の風景、生きものたち、人々の暮らしを伝えたいと思います。

NPO法人うるし里山ミュージアム
鹿児島県姶良市蒲生町漆780
tel/fax 0995-54-3902
satomusee@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR